三郷市でどこに行っても治らない不調なら三郷駅前はりきゅう整骨院へ!

三郷駅前はりきゅう整骨院


インフルエンザにご注意を

こんにちは!!
三郷駅前はりきゅう整骨院の院長山田です!!

インフルエンザ

寒い日が続きますね・・・。東京では数十年ぶりの寒波だそうで・・・そりゃ寒いですよね。最近ちまたでは風邪やインフルエンザが流行っていると聞きます。当院の患者様もインフルエンザでお休みされる方も数人いらっしゃいました。今後警戒しなければなりません。でも具体的にどうしたらいいのか。正解をしっかり知っている人は少ないんじゃないかと思い、今日はインフルエンザの簡単な予防方法をお伝えしておきたいと思います。


インフルの常識と非常識。

今までのインフルエンザの予防法ってとりあえず手洗い・うがいみたいなところありますよね。最もポピュラーで当たり前のことです。手や喉の粘膜に付着したウィルスを洗い流すのはとても重要です。しかしこれだけにこだわると痛い目にあいます。なぜならば、手洗い・うがいをするまでは何も口にしたくない。と思う人がちらほらいるんですね。これが一番危険。仮にインフルエンザウィルスが喉に付着した場合、20分程度で感染すると言われているので、本来20分おきに水分補給をするとよいとされています。のどが潤っているとウィルスの付着を防ぐ効果もありますし、のどに付着したウィルスを水分補給の際に胃に流し込んであげれば「胃液」の強烈な酸によってウィルスはたちまち死滅します。水分補給もされずにのどが乾燥状態にあることが感染のリスクを高めていたんです。予防のためのマスクもウィルスの侵入を防ぐためではないって知ってました?マスクとインフルエンザウィルスの大きさを簡単に表すと、直径1㎞のバスケットゴールリングの中にボールを入れることが容易なのは想像できますよね?それくらい簡単に侵入されるそうです(笑)マスクは無意味!なんて決めつけてはいけません。マスクの効果は「加湿」にあります。喉や鼻の粘膜を乾燥させないようにしているのがマスクなんです。乾燥して咳が出てくると、頭痛・肩こり・背中痛・腰痛が非常に出やすくなります。咳って意外に大きな負荷がかかるんですよね。特にぎっくり腰などの腰痛がある際にはとても痛いです。腰痛がある際に咳やくしゃみをする時に痛くなくなる姿勢があるのはご存知ですか?それはできるだけ腰を丸めること。出そうになったらとにかく腰を丸めるようにすると腰痛は起こりにくくなります。ただし、急性期の腰痛の場合は丸めるのも大変です。この場合はゆっっっくり行ってくださいね。

皆さんも正しい予防法でこの冬を乗り切りましょう!最後まで読んで頂いてありがとうございました!!



更新

<< 前の記事 次の記事 >>

三郷駅前はりきゅう整骨院のご案内

住      所:
〒341-0018 埼玉県三郷市早稲田1丁目4−2
アクセス:
三郷駅北口徒歩1分 駅前ロータリーすぐ
お問い合わせ・ご予約
048-951-5322
営業時間:
平日11:00~20:00 土曜11:00~17:00
休業日:
水曜・日曜・祝日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ